2022年

9月

23日

秋の大湯厨(だいたんちゅう)薬膳スープLABO

いつまでも蒸し暑さが残りべたつく中、忍び寄る乾燥と急な涼しさも混ざり合って、こういうときの養生はフォーカスがしぼりにくいもの。                今回は、メニューを途中で変更したりちょっと悩みましたが、結果、ぴったりのスープがありました。

韓国の秋夕に食べる「里芋と牛肉のスープ」。それと滋養スープとも呼びたい「くるみのお粥」です。

くるみのお粥はたいへん手がかかる贅沢な一品。「これは王様が食べるものだわ~」などと言いながら、スラッカンの女官になった気分で黙々と作業しました。

スープを取るのにたっぷりと使った牛すね肉は、美味しいおかずに。特製のタレを数種つけて、味変で楽しみました。丁寧に作り上げる韓国料理は、体にしっかり届いて負担感なくパワーの源になってくれます。       そして生徒さんからの差し入れデザートも! メイズ・オブ。オナーというイギリスの伝統菓子。チーズの風味がとってもおいしかった!       純子さん、ごちそうさまでした。

 -次回お知らせ-

💕10月は「季節の薬膳」と久しぶりに「50歳からの食育 血管をきれいに」のレッスンをいたします。     

💕薬膳にご興味ある方は、ぜひご体験くださいね。

 

ご予約はこちらから

 

2022年

8月

01日

夏の大湯厨(だいたんちゅう)薬膳スープLABO

コロナ第七波など跳ね返す防衛力が欲しい。

それを叶える丸鶏スープを作りました。

お腹に高麗人参、夏草花、椎茸、棗を詰め込み生姜をスキッときかせます。

長時間煮込んで滋味を引き出し、まずは澄んだ液体を一杯。
ごはんのおかずにほろほろになった鶏肉や具材をあれこれ、     タレをかけてもう一杯いただきます。

そして終盤に仕上げの一杯を少量。

早めの夏バテでこのところぜんぜん食べられなかったという生徒さんもパクパクペロリ。こういう非常時というか、体力強化の食事をとりたいときに、中国料理の右に出るモノはないな、と改めて思います。

 

💕9月も大湯厨(だいたんちゅう)のレッスンをいたします。     💕養生スープにご興味ある方は、ぜひご体験くださいね。

ご予約はこちらから

 

2022年

6月

25日

7月の洗足薬膳お料理教室 予告

 

体調管理の第一歩、
季節の養生をお伝えする「季節の薬膳レッスン」は、
夏野菜の効能を取り入れたメニューがいっぱいです。

写真は、完熟トマトをふるふるのムース状でいただく7月のメニュー。
蟹のほぐし身もたっぷり乗っています。

トマトのほかにも、きゅうり、すいかなどなどの
クールダウンベジタブルが登場。

これを上手に使うと、
体への負担を少なくとどめて暑さを上手乗り越えられます。

薬膳の祛暑食材として取り上げるのは、「緑豆」。
お教室では、緑豆の下処理をお伝えし、

お料理のバリエーションを広げていきます。

今年もまた酷暑の予報が。

体を涼やかに保つ食事を今のうちに覚えて、

元気に夏を乗り越えたいですね。

7月1(金)と3(日)、お席をご案内ができます。

夏越え薬膳にご興味のある方はぜひご体験ください。

 

ご予約はこちらから

2022年

5月

21日

フレッシュローズティー 

 

レッスン最初にウェルカムティーをお出ししています。
5月の「季節の薬膳レッン」では、素晴らしい香りのハマナスの花をローズティーとして、愉しんでいただきました。ハマナス園イロトカオリさんから送っていただいたモノです。

洗足薬膳お料理教室 残暑の薬膳レッスン

いつもはドライの玫瑰花を使うことが多いのですが、この食用薔薇の最盛期はまさに今!! 

洗足薬膳お料理教室 残暑の薬膳レッスン

丁寧に摘まれた花は、もう包みを開けた途端に、飛び立つようなフレッシュな薔薇の香り。野生種のせいでしょうか、甘やかでチャーミングに香るのですが、どこか芯の強い女の人みたいな凜とした佇まいがあります。

 

いっしょにステキなハーブも添えられていて、私の大好きなベルベーヌも入っていました。花びらにそれらをプラスして、何度もいただきました。 

洗足薬膳お料理教室 残暑の薬膳レッスン

2022年

3月

05日

ONE DAY薬膳 

 

 薬膳を学び始める前に知りたいことって、ありませんか?

体によさそう~、やってみたい~、と感心はあっても、どんな風に自分の生活に取り入れたらよいのか?

いったい、薬膳ってなに?とか。
その辺りの疑問および期待値を聞いてみたくて、今年は新学期前にONE DAY薬膳のイベントを開催しています。

 

すでに2月に行ったのですが、コロナ禍も3年続いた事もあり、食べ物で健康を守りたいと考える方がとても多かったです。

洗足薬膳お料理教室 残暑の薬膳レッスン

難しくて敬遠されがちな薬膳へのアプローチの方法や、挫折しない学び方(これ大切)をお話したり、
おととし行った、北京での大学研修のスナップを見てもらいながら、中医学ってどんなことなのか…視覚的にもタッチしていただいたり、ランチは薬膳カレーを食べて、洗足薬膳お料理教室での薬膳体験を愉しんでいただきました。

 

洗足薬膳お料理教室 残暑の薬膳レッスン

 

大人の勉強は、仕事や生活のある中で大変ですけど、自分を守る知識やお料理のテクニックを習得するのは絶対に、一生の宝もの。
生徒さん達にとって、そうなるように、私も努めて参ります。

 

 

0 コメント